「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」。別府温泉の父、油屋熊八翁の句を広め、世界に別府をアピールするプロジェクト。

作画は漫画家クニ・トシロウ先生が担当!TVアニメシリーズ「笑うせヶるすまん」「さすらいくん」「夢魔子」などの作画監督を経て、美術学校などで講義・教鞭をとるクニ・トシロウ先生による作画!!

稀代のアイデアマン油屋熊八の生涯。彼は如何にして別府を変えたのか、その歴史と精神を紐解く。詳しくはコチラ

別府・大分の観光事業推進の為ため、油屋熊八の漫画家を目指しています。底抜けに明るくエネルギッシュで誰からも愛された稀代のアイデアマン・名プロモーターであった「油屋熊八」翁。その生き様を、もう一度検証し、彼から学ぶことで、「温泉の別府」の魅力を再び全国にそして世界に発信したいと考えています。制作推進室の詳細はコチラ

kunikumahachi2020_omote.jpg kunikumahachi2020_ura.jpg

2020年2月23日(日)イベント開催!!

油屋熊八の世界から別府の未来を語る

日時:2020年2月23日(日) 13:00~15:00
場所:別府大学 メディアホール

■基調講演
「熊八をめぐる文化人たちー観光と文化のあり方」
飯沼賢司(別府大学学長)

■トークショー
「別府観光の父・油屋熊八に学び、未来の別府観光をどう発信するか?」
クニトシロウ(漫画家・別府大学客員教授)
やくみつる(漫画家・コメンテーター)
長野恭紘(別府市長)
コーディネーター/飯沼賢司(別府大学学長)

[主催]まんが油屋熊八事務局 [共催]別府大学 [後援]別府市

 kunikumahachi2020_omote.jpg kunikumahachi2020_ura.jpg

絵本「ピッカピカのおじちゃん-別府観光の父 油屋熊八-」発売開始!

えほん油屋熊八


「まんが油屋熊八」制作推進室は、この度絵本を出版いたしました。
下記の販売店にてお取り扱いいただいております。
また事務局へお問い合わせをいただければ、郵送等で随時ご対応させていただきます。お気軽にお問い合わせください。

販売価格 → 1,000円(税込み)

 

~ 販売店一覧 ~ 

★晃星堂書店 (大分県大分市中央町1-1-17)
【地図】http://www.kouseidou.net/access.html

★明石文昭堂 (大分県別府市駅前町11-10アークヒルズ1F)
【地図】http://www.akashi-net.co.jp/cont/company/index.html

★別府亀の井ホテル (大分県別府市中央町5-17)
【地図】http://www.kamenoi.com/access/

★おおくま書店 (大分県別府市馬場6-2)
【地図】https://www.e-hon.ne.jp/bec/SHOP87319

★郵送をご希望の方・・・事務局お問い合わせ先 → manga@aburayakumahachi.jp
(※送料とお振込み手数料は、お客様負担となります。)

漫画家 ちばてつや氏より応援メッセージを頂きました。

ちばてつや氏 海にたれ流すほど、豊富な別府温泉のように次々と湧き出る「あっ」と驚くようなアイデアとその明るく天真爛漫な性格と行動力で温泉地別府を日本一に導いた男、油屋熊八。
 俳号の「両促軒虻八」、自作句「山は富士 海は瀬戸内 湯は別府」、その宣伝句を標柱に書いて、富士山頂におっ建てるなどの発想は、まさに良質なマンガ的センスである。このような破天荒でチャーミングな人物を別府そして大分にだけ温存しておくのは、もったいない。クニ・トシロウ氏のマンガで、日本全国、そして世界へ発信してほしい。

 

●漫画家 やくみつる氏より応援メッセージを頂きました。

 やくみつる氏とツーショット 「まんが油屋熊八」制作推進室なる人たちが、別府温泉交流の父・油屋熊八翁を漫画化してPR活用を展開されると聞き、ハタと閃いた。「ゆるキャラ」が全国に乱立し、いささか飽和状態になった今、次なる押しメンは、地元有名人キャラ=「じもキャラ」ではないか! 全国的な知名度こそないが、地元民なら誰でも知っている。地元民に今でも敬愛されている。 そんな郷里の偉人をキャラクター化し、広く知っていただくというのはどうだ? その先陣をきって別府の油屋熊八を全国発信しよう。 ゆくゆくは別府で「全国じもキャラ1グランプリ」とか。これは楽しいし、歴史の勉強にもなる。このアイデア、ひょっとして当の熊八翁が、原作者のクニ・トシロウ先生に降りてきたのかもしれない。

別府に行くなら季節はいつがいいですか?

別府を観光される皆様のご意見を伺う為、簡易アンケートを設置しております。ぜひ、ご協力ください。

今回は、別府観光の季節のイメージをお聞かせください。

春夏秋冬それぞれに味わのある別府ですが、その中でも、より別府らしい季節のイメージはいつでしょうか?

投票状況

読み込み中 ... 読み込み中 ...